短縮URL

最近Twitterなどのつぶやきなんかで、やたらと短いホームページのアドレスを見たことはありませんか?
ツイッターでは140文字しかつぶやけないという特性上、面白いサイトやなんかを誰かに紹介したくても、みょ~に長いURLを貼ったら肝心のつぶやくスペースがなくなって周りから何の記号をつぶやいてんだコイツ、なんて冷たい視線を送られるという悲しげに鳴くささやきになってしまう残念ケースも考えられます。
また、仕事で必要なファイルをWEB上にアップロード後、相手先にダウンロードを促してURLを通知する場合など、非常に長ったらしいURLなどは見た目的にもスマートではないですし、下手すると相手環境によってはURLが途中で切れちゃったなんて事態も起こりかねません。
そんな時にURLを短縮すれば、とてもスッキリですし、「お、出来るヤツだ」と思われますよね。

ということで短縮URLサービスはどんどん使っていったほうがお得です。

ただし気を付けなければならないこととしては、転送先URLを隠蔽している状態なので、素性のわからない短縮URLなどはクリックする前に注意をした方が良いです。
アフィリリンクを隠しているくらいならかわいいもので、別段被害とまではいかないですが、フィッシング詐欺やマルウェアが仕込まれていてコンピュータウィルスに感染してしまう恐れもあります。

以上を踏まえつつ、まずは実践してみましょう!
短縮URLサイト